プロミスで無事審査が通過し、融資を受けられる事になりました。

土日や祝日の新規申し込みであっても、プロミスではすぐに融資を受けられる、いろいろなサービスが用意されています。

プロミスでは、審査が通過してしまっていれば、夕方や夜間の遅い時間であっても、また、朝の7時代の早い時間であっても、すぐにお金を振り込んでもらう事が可能です!

プロミスなら即日融資可能

休日に急にお金が必要になってしまい、すぐに融資をしてくれる消費者金融を探している方は、ぜひ参考になさってください。

◆プロミスで休日に即日融資を受ける方法

それでは、審査が通過して融資が降りる事が確定している事を前提に、休日のうちにお金をすぐに受け取る流れについてお話をしたいと思います。

まずプロミスでは、休日でも即日お金の振り込みを行うサービスについては、他の消費者金融業者よりもさらに力を入れていて、二つの選択肢があります。

1.ジャパンネット銀行、三井住友銀行に振り込みをしてもらう
2.プロミスの自動機の窓口で即日カード発行をしてもらう

当然、1.の場合はすでにこれらの銀行口座を保有している事が前提となりますので、もしこれらの銀行口座が無いようであれば、2.の選択に限定されます。

それでは、それぞれの方法について少し詳しくご説明します。

◆ジャパンネット銀行、三井住友銀行に振り込みをしてもらう

三井住友銀行のロゴ
ジャパンネット銀行のロゴ

この方法を選択する場合は非常に簡単で、プロミスから審査が完了したというメールを受け取った後、それを承認し、そこからプロミスに電話で依頼をします。

申し込みの際に、ジャパンネット銀行、もしくは三井住友銀行の振り込み用口座をすでに記載していたとすれば、その口座情報を口頭で確認するだけでOKとなります。

もし申し込みの際に、これらの銀行情報を記載していなかった場合には、電話口でそれを伝えて、設定してもらう事になるかと思います。

プロミスのサービスセンターは、月曜日を除き、朝の7時から夜の22時まで稼働していますので、この時間に電話をかければ、夜の21時30分ぐらいの遅い時間であっても、そこから振り込みをしてもらう事が可能です。

実際に私も、土曜日の21時頃にこの依頼をしたわけですが、まさに瞬間的な振り込みで、電話を切った5分後にはもう入金がされていました。

ちなみに、手元にプロミスのカードが届いた後は、そのカード番号でネットの会員メニューから手続きができるようになります。

つまり、カードがもう手元にある状態になれば、その後は電話で依頼をする必要すらないという事です。

このネットの手続きの場合には、日曜日21時~翌月曜日7時の時間を除いて、土日や祝日も関係なく利用する事ができ、借り入れ限度額の範囲内であれば、申し込みの後、すぐに振り込まれます。

最短で10秒!まさに「瞬フリ」ですね。

◆プロミスの自動機の窓口で即日カード発行をしてもらう

1.の例での銀行口座を保有していない場合は、プロミスの自動機のあるところに行って、そこで手続きをする必要があります。

ATMの画像

自動契約機の受付時間は9:00~22:00※一部21時もあります。(土・日・祝日も申込可能)

となっており、土日や祝日で、しかも夜の20時ぐらいの結構遅い時間になっていたとしても、手続きが可能になっています。

当然、即日融資のカード発行の手続きをするのにも、ある程度の時間がかかりますから、閉店間際のギリギリの時間帯であれば、本日の融資は難しい…という事で、断られる可能性もあると思います。

ですので、契約そのものが完了しているとはいえ、まだこの段階では、キャッシュカードでATMからお金を引き出すような流れが整っている訳ではありませんので、ある程度時間的余裕をもっていきましょう。

◆お金の振り込み・融資を受けた後に注意したいポイント

プロミスでの契約も完了し、無事にお金も受け取った…という事になれば、ここから次に一番注意しなければいけないところは、

直近の返済日はいつになるか?

という事の確認です。

先にもお伝えしていますが、消費者金融での借り入れというのは、リボルビング払い式で毎月一定の金額以上の返済が必要になってきますので、契約の過程で決められた期日までに、その金額を振り込む必要があります。

お金を借りてしまったら、初回の返済までは1ヶ月近くあるし…という事で、気持ちがゆるくなってしまう人も多いかと思います。

ですけど、1ヶ月なんてすぐにやってきますし、それを忘れてしまっていたら、いきなり滞納で延滞金が発生し、消費者金融に対しての信用度も下がってしまう事になります。

これだけは絶対にやってしまわないように厳重に注意しましょう。

プロミスでの契約では、契約をした日と、自分が指定した支払日によって、最初の支払期日が変わってきます。

その期日は、下記の通りになります。

プロミスの初回返済期日の表

私の場合、10月17日に契約をし、支払日の指定は月末にしましたので、最初の期日は11月30日という事になりました。

かなり最初の支払いまでに余裕があり、気持ち的にも楽ですが、こういった場合こそ、さらに気をつけておかなければいけないと思います。

プロミスで契約をした後には、自分自身の返済期日をしっかりとチェックして、もしスマートフォンを利用しているのであれば、スマートフォンのカレンダーのスケジュールに、返済日のアラートを設定しておきましょう。

お金を借りた後の注意

ちなみに私は、家族にプロミスの返済という表示を見つかったら嫌なので、ローソンへ というアラームを設定しました。(返済は主にローソンのLoppiから行うつもりだったので、これで思い出せるので。)

…以上、ここまでが、プロミスで融資の申し込みを行ってから、実際にお金を受け取るところまでの一連の流れでした。

ここから先は、プロミスで融資を受けた後に、その後プロミスからどのような連絡がきているか?

また、実際にプロミスに返済を行っていく過程で、私がどのような手段で返済をしているか?元本や金利はどのように変化しているか?という事を、伝えしていきたいと思います。

これからプロミスで融資を受けようと考えている方で、融資が降りたとの事も気になっている慎重派の方は、ぜひ参考になさってくださいね!